鷹見明彦企画 MUSEE F セレクト 
大竹敦人
 《水面/拾集》    


 

 





《水面/拾集》
我々は眼球を持ち、目が覚めてから再び眠りにつくまでの間、眼球に写し出される像を頼りに歩き続けている。私はその営みの中で眼球への刺激を求めて、水面へあえて眼球を運ぶことがある。
水面に出会い、そこで流れる時間の中での体験・・・
空と底の間に立つこと
水域を形作るもの
水中と空中の二つの世界
広域と詳細の混乱
迫りくるものとその恐怖
大きさの不安定

いくつかの断片的な言葉が頭を過るが、私はそれらを繋ぐ事に意味を見いだすことが出来ないし、必要も感じない。ただ水面で眼を滑らせゆっくりと像を傍観する。 今、私に出来る事はそこで起きている現実を拾い集めることと、そこに答えを出さないように心掛けること。 2004.7 










略歴: 大竹 敦人(おおたけ あつひと) 1970 東京生まれ
1995 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業、'97同大学院修了、'98同大学研究生
1999 同大学油画研究室非常勤助手(?'02)
2001 東京学芸大学美術科絵画基礎非常勤講師
2002?現在 東京芸術大学美術学部油画研究室助手
個展
2001 「乳化庭」/セゾンアートプログラムギャラリー(東京・青山) 1999 「air」/Galerie SOL (東京・早稲田) 「mirage」/モリスギャラリー(東京・銀座) 1998 「Shadow of Witness」/Gallery FRECSCA (東京・新大久保)  「Dialogue #」/Galerie SOL(東京・早稲田)
主なグループ展
2003 「ピンホール写真2003展」Gallery ississ(京都・北山) 2002 「LUMINAS/光の振幅」/MUSSE F+表参道画廊(東京・神宮前) 「2002.HERE」/ギャラリー毛利(東京・銀座) 2001 「発生の場/ドローイング」東京芸術大学大学美術館付属陳列 館(東京・上野) 「乳化景」/東京国際フォーラム (東京・有楽町) 2000 「桐生再演6」/旧森山芳平織物工場(群馬・桐生) 「Open Studio」東京芸術大学絵画棟(東京・上野) 1999 「桐生再演5に向けて」(東京展)JIA Architects Museum(東京・神宮前) 「桐生再演5に向けて」(桐生展)桐生市有鄰館・塩蔵(群馬・桐生) 「生まれつつある現在」/SOKOギャラリー(東京・新木場) 「MIRAGE-鏡面界-」/Gallery RASEN (東京・国立) 1998 「桐生再演1998?街における試み」桐生市有鄰館(群馬・桐生) 「現代の美術」/井上画廊(東京・銀座) 「TRACE展」/Galerie SOL(東京・早稲田) 1997 「桐生再演4?街における試み」/旧森山芳平織物工場(群馬・桐生) 「Walking Museumヤ97」/新宿高島屋タイムズスクエア (東京・新宿) 1995 「写真で語る4」/東京芸術大学 陳列館(東京・上野) 「risa nagisa-五感のトランス-」 /YBP横浜ガレリア (神奈川・横浜) 1994 「EXHIBITION-風景-」/東京芸術大学大学会館(東京・上野)
パブリックコレクション
シカゴ美術館(The Art Institute of Chicago)/アメリカ・シカゴ