みねお あやまぐち 展        

   

会期: 2005年1月10日-22日

 

 


1953 群馬県生まれ
1978 セント・マーチン美術学校彫刻科卒業
個展 イギリス フランス ドイツ ポルトガル カナダ アメリカ オランダなど各地で多数開催。
http://www.aayamaguchi.com

 



カラーラインズ 絵は画面が(あお)の線で一杯になるまで、(あお)の線を一本、さらに一本と引き、その後、その上に(あか)の線を(あお)の線が見えなくなりそうになるまで一本ずつ引いていき、最後にその上に(みどり)の線を引いていく。そして、(みどり)の線と線の間からは、(あお)の線と(あか)の線が所々顔を出しています。コンピュータの映像は線をマウスでクリックするとそれぞれ違った映像に変わります。 子供の頃、よく壁の亀裂の線を見ながらいろいろな物語を想像して楽しんだ。 見る側の心、意識、気持ちの移り変わりなのか、その日その日によって見る線は違って見えた。 同じ線でも意味するところが変わったり、また、別の線が現われてイメージが増幅されたりした。 イメージは、色の中で拡大されたり縮小されたりする。色によってイメージは限定され、また無限に広がっていく。 「カラーラインズ」は無意識の世界と意識の世界の交差点で偶然性と必然性の揺れ動く様を捉まえる試みです。 みねお あやまぐち ロンドン 2004年11月 Colourlines I draw one blue line after another until the picture has become full of blue lines. I then draw red lines until it seems that the blue lines are going to be rendered invisible. I then finish off with green lines. Blue lines and red lines can be seen in various places between the green lines. Computer images change into different images when I click with a mouse on a line. When I was a child, I used to amuse myself by dreaming up various stories as I gazed on the lines formed by cracks in the wall. The lines looked different from one day to the next together with changes in the viewerユs own spirit, consciousness and feelings. The very same line would take on a different meaning, or another line would appear and amplify the images. Images expand and contract within colour. Images become restricted or expand to infinity through the effects of colour. ヤColourlinesユ is an attempt to show how chance and necessity sway ambivalently at the point of contact between the unconscious and the conscious worlds. Mineo Aayamaguchi   London, November 2004