陶芸教室イエロークレー作品展

    

    サラ、さら、皿。    
   2005.3.21-3.26
多摩美術大学教授中村錦平先生による作品講評会
 3月21日(月)14:00-16:00

 

 

参加者
田原悦代 角田孝子 進藤由美子 小林佳子 大長美由紀 山田典枝 林禮子 召田能里子 召田政士 薄久子 新居裕子 伊藤美穂子 大谷哲也 松島義昭 松原道雄 久我邦恵 津留清美 篠田志麻 金子三奈乃 杉内典江 高瀬留美 南敏子 大野靖 西沢郁江 西沢美代子 落合喜久江 青柳建一郎 山下矩子 安田美智子 町山芳子 伊藤梅乃 前野直子 野崎叔子 宮永康代 安藤綺明子 村上正信 手塚智哉 齋藤昌一

 



〜開催にあたって〜
陶芸に勤しんだ一年間の成果を発表します。イエロークレー作品展では、作品を焼成しただけで終わりではなく、作者が作品を活かす展示を工夫するということも、作品制作のプロセスの一環と考えました。
〜粘土へのアプローチ〜
今回の制作テーマは、「サラ、さら、皿。」です。皿といっても色々とあります。和皿、洋皿、飾り皿。重なる皿、重ならない皿。用のある皿、用のない皿。お皿をキャンパス替わりに絵を描いたり、立体作品のパーツに使ったりと、どう捉えるかは作者次第です。テーマの意味は自由に考えて発想します。また、テーマ以外の自由研究作品も出品します。同じテーマでも、いろいろなアイデアが生かされた作品展です。               陶芸教室イエロークレイ  齋藤昌一

 


前回作品展展示風景


齋藤昌一