3尺×6尺展

美学校シルクスクリーン工房−

松村宏 柳井真知子 須貝和恵 鶴田崇


2006.9.18-23

会場:表参道画廊 

3尺×6尺」という襖紙の大きさで統一された作品群は展示空間にある一定のリズムを与え、
グループ展として4人の個性がバランス良く配置される楽しい展示となった。神田にある美学校
のシルクスクリーン工房で教鞭をとる松村宏は、沖縄県立芸術大学でも非常勤講師として指導に
あたり、東京では久利屋グラフィックの工房を運営している。


次回の展示は、「未来への視座VF6-transparent-透明」
2001年にVFとして刊行を再スタートした作品集。
perspective、装飾/非装飾、border,
permeate, reflect に続き、vol.6では、trasparent:透明
をキーワードに、木版・銅版・リトグラフ・シルクスクリーン・写真・ドローイングetc..34名が参加。

会場:西日暮里 HIGURE17-15cas 会期:2006.10.18-24
会場:新横浜 ギャラリーOM 会期:2006.11.11-12.3

 



村松 宏

展示風景:松村宏 

展示風景:柳井真知子 

展示風景:鶴田崇 

展示風景:須貝和恵

 

----------------------------------------------------------------------

松村 宏 

1978ー79 美学校シルクスクリーン工房にて修業
1980   版画工房 久利屋グラフィック設立
1994〜  美学校シルクスクリーン工房講師
1998、2001、2004 沖縄県立芸術大学非常勤講師

----------------------------------------------------------------------

柳井真知子

岐阜県出身 金城大学短期学部卒業
デザインプロダクション入社 10年勤続後フリーランス
2003年より個展2回

----------------------------------------------------------------------

須貝和恵

2004年 美学校シルクスクリーン工房に入学現在に至る。

----------------------------------------------------------------------

鶴田 崇