矢野里奈展

Transparent Figure −もうひとつのかたち−


2006.5.15-20

会場:表参道画廊 


 

Transparent Figure-もうひとつのかたち-

                           矢野 里奈

おおかたの作家がたぶんそうである様に、作品が生み出される背景には皆、何かしらの実体験を踏まえていると

思います。

特に私の場合は、自ら体験し、実感していく中で、創作せざるを得ない衝動に駆られて作品が生まれます。

学生時代には、我が子が立ち歩くその足跡からの作品。都会の雑踏や張り紙跡の壁からイメージしたプレス作品

もありました。
前回の発表作品も十数年携わってきた子ども達からのインスピレーションから生まれたものでし

た。

 今回の作品は、前回のテトロンへ直接転写するという手法は同じです。

ただ前作は、被写体の置かれている背景を観る側にダイレクトに働きかけるものでした。しかし今回の作品は、

やや視点を変えて、転写そのものを楽しんだ、むしろ絵画的ニュアンスの濃い作品にしてあります。

 




2004.10 表参道画廊個展会場風景 

 

Rina  Yano

1983 東京藝術大学美術学部油絵科 卒業 制作テーマ「a wall−痕跡」

1985 同上 大学院版画研究室   修了 制作テーマ「after print」

2002 同上大学院美術教育研究生研究テーマ「心を開かせる造形活動」

                  制作テーマ「存在への再確認」

現在 目黒学園カルチャースクール及び都内児童福祉施設において絵画・造形指導を行っている

                  

1981  池袋サンシャインシテイー内 リュウ画廊

1982 銀座ワコールアートスペース 

1983 東京都美術館卒業制作展

1985  東京都美術館修了制作展

1985〜 都内にてドローイング、和紙造形作品制作、発表

1995〜 矢野智氏とコラボレーション作品をスペインにて発表

2004   東京 表参道画廊 スクリーンプリント作品展