仲森 仁 


会期=2009年6月22日[月]−6月27日[土]

会場=表参道画廊







 「どこにでもありそうな「公園」、なんの変哲もない「玩具」をモチーフに「フォトエチング」と呼ばれる、銅板上に図像を焼き付ける写真製版技法で作品を制作しています。写真が時間を切りとり平面に記録したイメージ(確かにあったと思い出させられることはあるが、同時に失っていったことを残酷にも感じさせる切ないもの)を銅板に記憶(製版)させ、時の経過(腐蝕)に従って少しずつ変形し、薄らぎ、混じりあい、融けあい、消えていくなかで、新たな予感のある物質化された三つめのイメージへ導かれたい。干渉せず、あるいは干渉されず、執着されない存在が実は共有し、すべてを満たしてくれるものとして。」
 




 
 



 

仲森 仁「a clump of trees」 2008  76×100 cm

 




□仲森 仁

1976 三重県生まれ
2004 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻版画コース修了
2006 同大学版画研究室助手



主な発表歴:


2004 「崇高なる現在ー世界の版表現と教育の現場よりー」武蔵野美術大学 東京
2005  個展 Gallery覚 東京
2006 「Springboard2006」Gallery覚 グループ展
2007 「Centrifugal:Ideas from different cultures in print」
                   FBAgalleryエドモンド (グループ)
2008 「Edmonton Print Internationa 2008」Capital Art Building エドモンド