東京写真月間2009

Steven Berkowitz 写真展
   pypkpk leaf
      the harder you look,the less you see
   へその葉
      
よーく見ると、よーく見えない。 
    


会期:2009.6.8-13
会場:表参道画廊 

協賛:TEMPLE UNIVERSITY

会場風景2008 

作家ホームページ 




 Steven Berkowitzは、NYにあるTemple University で写真とコンピューターテクノロジーの教授として指導をしている。
 毎年、東京六本木の分校で行われる夏期集中講座に合わせて来日し、撮影旅行と作品発表展覧会を開催している。今年はゲストレクチャーとして6月12日に画廊展示スペースにて講義を行った。

 今年の「へその葉」というタイトルは、作品の構成上の注目点として付けられたが、また同時に、人間の生命の始発点でもある「へそ」を植物の生育点にも感じ、作家の数少ない日本語の語彙の中から考えたものである。名も無い野生の「葉」に焦点をあて、光の中で実に美しくのびのびと生きるさまを捉えている。

 因みに、この植物は「ゆずり葉」ではないか、という鑑賞者の指摘を受け、その名の由来が「この植物は下の方から枯れて、次の新しい葉に生命をゆずる(譲る)。」ことにあると聞いて、痛く納得した様子だった。

 自然の神秘、神々しい自然のたくましさを主題に制作し、その観念は、「すべての物質の構造はまるでその一つ一つが宇宙のようである。
自然界に生きるすべてにその存在の必然性が感じられる。」と語り、
「強調したいのは、私達人類が世界=すべての生命といかに共生
できるかということである。」という。

 この展示は、ぼんやりと宇宙を眺めるように作品の前に立って、感じるままに身を任せるのが正しい鑑賞の仕方のようである。




 
 
2009 案内状(DM)  













 
 

2009 会場展示風景
 



 
 

2009 会場展示風景
 



 
 

2009.6.12 展覧会会場 撮授業風景
 



 
 

2009.6.12 展覧会会場 撮授業風景