河野 孝博 個展

  

会期=2011年2月21日[月]−2月26日[土]

会場=表参道画廊+MUSEE F

レセプション=17:00-18:30





 制作を開始して4年になる<lokaローカ>シリーズの発表です。
lokaとは、梵語で「世間」を意味します。
 様々な白と黒の顔料を中心に用いてのトナリテTonalitatをめぐる
試みです。顔料の混合と絵具層の重なりにより生じる<中間の調子>
を介して、どのように響振の場が築けるだろうか。

 白と黒の絵具が画面上に置かれる時、それは相反するものとして
<明>と<暗>という関係性を持ちます。筆触やストロークの方向性、
用いる刷毛や筆によって生まれる形、その他の画面上に置くことの
できる物質、それらは絵画空間の構成要素として共に生かし生かされ
る関係になった時、始めて価値を獲得したことになります。

 「世間」とは壊れやすくまた多くの反省の上に継続している世界と
言えそうですが、もし画面を世界とみるならば、願わくはそこ
にTOMOIKI(共生)の空間を実現したいと考えます。

   



 


「loka100725」  2010           








□河野孝博

プロフィール
埼玉県に生まれる。
東海大学教養学部芸術学科美術学課程卒業
現在、東海大学教養学部芸術学科美術学課程准教授

主な発表歴
1979年 第3回大学版画展(買上げ賞)
1979年 第47回日本版画協会展(80.81.)
1979年 第53回春陽展(版画部)
1979年 第3回現代版画コンクール/大阪府民ギャラリー
1980年 グループ展「プレス80」(81.82.)/ギャラリーヤコブ(東京・銀座)
1981年 第1回東京セントラル美術館油絵大賞展(83)
1982年 国際ミニアチュール版画ビエンナーレ/SPACE ART GALLERY(Seoul)
1985年 第1回多摩総合美術展(佳作賞)86.
1985年 アートフォーラム(東海大学創立20周年記念展)/東海大学湘南校舎松前記念館
1991年 第8回伊藤廉記念賞展
1994年 第12回上野の森美術館大賞展
1995年「現代日本の美」展/デザインスコーレ(デンマーク)
1995年 東海大学アート&デザイン展(98.00.)/パークタワーギャラリー2(東京・新宿)
2008年 WARKS 9人の仕事展/平塚市美術館アトリエA
2009年 個展/ギャラリーぜん(神奈川・秦野市)
2009年 WARKS 7人の仕事展/平塚市美術館アトリエA
2010年 WARKS 9人の仕事展/平塚市美術館アトリエA