山口謙作 個展







会期:2011年5月9日〜14日
会場:表参道画廊 




当廊で9回目の個展となる山口謙作。木々の手入れをする日常の中でキャンパス
に向かい、様々な木の声や風の音が聴こえるような作品には純粋な心境で形象化
された自然の優しさが感じられる。愛知芸大油科在学中から長久手町に居住して
いるが、森の変化を感じるという。

昨年からは、制作対象をより大きな自然美に移行してきている。例えば、延々と
ひろがる草原や荒々しく削られた造成地を目の前にした時に感じる巨大な風景へ
の畏敬の念を抱く。昨年までの新緑や木の葉を描いた作品とは対極ともいえる自
然美の表現といえる。

昨年は会場MUSEE Fで小品中心の展示だったので、今年はまた大作に会えるかも
しれない。


 


















2009 



2008 会場風景 

2008 会場風景 




2003