星田 大輔 個展 
  







会期=2013年4月8日[月]-4月13日[土]
会場=表参道画廊
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)










「月はなぜついてくるのか」という幼少の頃の問いに対し、私達は「とても遠くにあるから」という解を得た。しかし、どうも腑に落ちない。あのしつこさは、本当に物理の問題だけだろうか。

今でこそ間違いだったとされている「天動説」も、当時の人々にとっては真実であり、確かに世界全体の方こそが回転していた。このように、人は想像によっていかようにも宇宙をつくりかえることができる。それは私たちがあくまで、自らが内面につくりだした宇宙の中で生活しているからである。

月も、その内面で運行しているものである。月が私たちの小さな宇宙の内部にまでついてくる様相を、映像や照明の投影による複数のインスタレーション作品によって観察する。

 





《Planet of Yourself》
スポットライト,ステンレス,ガラス,アルミ,調光器
2012年作成





《Planet of Yourself》
スポットライト,ステンレス,ガラス,アルミ,調光器,プロジェクター
2012年作成









□星田大輔

▼略歴

1987 誕生

2010 和光大学表現学部芸術学科 卒業

現在 映像のプロジェクションや、照明の投影によるインスタレーションを主に制作し、発表活動を行う。

 

▼主な展示暦

2011 近くて遠い場所 星田大輔+野呂あかね (art space kimura ASK、東京)

2011 個展 Floating Island (MUS?E F、東京)

2012 芽が出るプロジェクト「出没美術夜話」(可喜庵、東京)

2012 個展 Planet of Yourself (ASK?P、東京)

2012 芽が出るプロジェクト「リンク・リンク・アート展」(可喜庵、東京)

2012 ドコ・ダ・ココ展 (和光大学、東京)

2013 中之条ビエンナーレ2013参加予定