竹下 都 企画

伊藤 誠 展


 
  

会期=2013年9月2日[月]-9月14日[土] 日休
会場=表参道画廊
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)
企画=竹下都(インディペンデント・キューレター)+表参道画廊










彫刻家・伊藤誠の展示空間に入ると、この作品には、以前何処かで
出合った事が有るといつも思う。昔の夢の中で?サーカス小屋の
テントの中で?空想の中で?…いずれも浮遊しながら、この形体と
遊んだ気がするが、はっきりとは思い出せない。そして近づくと、
観る者の身体と作品との関係がより濃密になる。会話が始まると、
互いのサイズは逆転したりしながら、どんどんと引き込まれ、開放
されてゆく。

このシンプルな、あっけらかんとした佇まいで、観る者の創造力に
委ねられる伊藤作品を、私は長いこと気になって仕方が無かった。
そして初めて作家と出合ったダブリンで、作者は寡黙である、と決
めた。が、これはどうも間違いのようである。

我々の身の回りに存在する素材、木、ゴム、ステンレス、鉄、銅、
布、FRPなどを使って生まれる彫刻は、どれもたっぷりとユーモア
を孕んでいて、無邪気で饒舌に語りかけてくる。また、伊藤誠の
伊藤誠による彫刻論は、とりわけ豊かな創造力に溢れている。
それをトポロジカルに変換して、我々に提示した彫刻群はまた、
忘れがたく恐ろしくも有る。そして最近作の、鑑賞者が身体に装着
する作品は、鑑賞者と云うより体験者、又は共犯者となり、より
私達を作品の中に引込み、異空間へと誘う。

今回の展覧会には7点の新作が発表される。新たな伊藤誠の世界への、
鑑賞者の問いかけが楽しみである。


                竹下 都 (本展企画者)
                   










◎伊藤 誠  (いとう まこと) 

1955年 愛知県に生まれる
1983年 武蔵野美術大学大学院造形研究科彫刻コース修了
1993年 Triangle Artists' Workshop(ニューヨーク州パインプレインズ /
         アメリカ)
1993年 Asian Cultural Council助成金1996年文化庁芸術家在外研修員とし
      てアイルランドに滞在
 

主な個展

2013年 表参道画廊
2012年 ガレリアフィナルテ / 愛知('09年 '07年 '04年 '01年 99年)
2011年 島田画廊(旧エスェズギャラリー)/ 東京 ( '07年 '04年 '02年  
     '99年 '94年 '91年 89年)
2010年 ギャラリー白 / 大阪('06年 '03年 '01年 95年)
2009年 村松画廊 / 東京('06年 '03年 '98年 93年)
2005年 ギャラリーほそかわ / 大阪('03年)
2002年 双ギャラリー / 東京(99年 '98年 '95年 '92年)
      他多数


 
主なグループ展


2013年 GARDENNS 神奈川県民ホールギャラリー
    「彫刻という名の隠された場所-墓は語るか」武蔵野美術大学美術館・図書館
    「引込線2013」(埼玉)
2012年 「ART田の島39」 愛知県新城市、ギャラリーサンセリテ、アート
     フォルム田町サロン、双ギャラリー 
2011年 所沢ビエンナーレ美術展 「引込線」2011 / 埼玉
    「ART TODAY 2011-昨日の今日と今日の今日」セゾン現代美術館 /
         長野
2009年 第1回 所沢ビエンナーレ美術展 「引込線」/ 埼玉
2008年 所沢ビエンナーレプレ美術展 「引込線」西武鉄道旧所沢車両工場 /
     埼玉
2006年「スキノデリックー彫刻の表層展」東京芸術大学美術館陳列館 /
         東京
2002年「ファン・デ・ナゴヤ美術展2002『仲介者たち』」市民ギャラリー
         矢田 / 名古屋
2001年「ヴァイブレーション/結びあう知覚」宇都宮美術館 / 宇都宮
     「第19回 現代日本彫刻展」 宇部市野外彫刻美術館 / 山口
2000年「越後妻有アートトリエンナーレ 2000」/ 新潟
     「ART TODAY 2000-3つの回顧から/伊藤誠・川嶋清・鷲見和紀郎」
        セゾン現代美術館 / 長野
1995年「現代美術の場と空間『やわらかく、重く』」埼玉県立近代美術館 /
     埼玉
     「視ることのアレゴリー」 セゾン美術館 / 東京
1992年「現代美術への視点『形象のはざまに』」東京国立近代美術館 / 東京、  
     国立国際美術館 / 大阪
 





パブリックコレクション及びコミッションワーク

東京国立近代美術館
宇都宮美術館
千葉市立美術館
東京都港区
東京都荒川区
新潟県松代町
東京国際フォーラム
ファーレ立川
ハービス大阪
ラグザ大阪
サッポロドーム・アートグローブ
川崎医療福祉学園
愛知県立美術館
他多数

















2007年/ガレリアフィナルテ 展示風景
右から「NYXIII」「辺境伯」
ミクストメディア









「Flamingo/Triangle」
2010
鉄、紙、クレヨン
80X85X4








「BOAT:R-12」
2012
ステンレス、ゴム、木、その他
200X250X100