竹下都(美術研究家)企画
 



Fw:
橋本 聡 

    


会期=2014年9月1日[月]-9月13日[土]・日曜休廊
会場=表参道画廊
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)
オープニング・レセプション=9/1[月]18:00-19:30
ワークショップ=9/6[土] 17:00-19:00
企画=竹下都(インディペンデント・キューレター)









本企画を依頼するメールを橋本聡に出した時、コミュニケーションに焦点を当てた作品を...と記した。しかしそれに対する返事は以下の様であった。

『確かに活動の多くにはやりとりが大きく伴い、コミュニケーション的要素が多くあるとも言えなくはないですが、「コミュニケーション」という言葉を用いるのには食い違いなり、誤解があります。また「作品」であったり「アーティスト」という言葉を用いることにも食い違いなり、誤解があります。』

作家自身が述べる様に、橋本聡の表現は良好な伝達や交換の行為ではない。既存の芸術表現の在り方を崩し、問題を投げかけ思考を促す状況を常に提示する。そこでは鑑賞者は受動的と云うより、むしろ何らかのやりとりが行われ、表現の一部となり空間を共有することとなる。どのように関わるかは鑑賞者の判断が問われる。居心地の悪さや不快感を感じる事も十分有るだろう。しかし、この場に足を踏み入れなければ、見る事と見られる事の関係性や不可視領域を知覚する事は出来ない。

橋本は芸術と社会との緊張関係、そしてその距離を可視化しようとしていると私は考える。本展への出品作品は、現在も橋本聡の中で時間を掛けて発酵中である。

             企画:竹下 都(たけした みやこ)












「写真撮影(アートマーケット、撮影者):ボディビルダー」
(「アートフェア東京2014」)東京国際フォーラム[東京]





「不採用となったプラン」rejected Plan
(「PPPPPPPPPPP」 2012) 井の頭恩賜公園








橋本聡 Satoshi HASHIMOTO
(元レオナルド・ダ・ヴィンチ)

1977 東京生まれ
2000 B-Semi Schooling System of Contemporary Art 修了
2000 Bゼミコンペにて台湾へ研修
2004-5 四谷アート・ステュディウム(近畿大学国際人文科学研究所) 在籍
2006 「Yotsuya ART STUDIUM 最優秀アーティスト賞」受賞
2008 Asian Cultual Council のグランツにて渡米
2008 ISCP (International Studio & Curatorial Program) [ニューヨーク] に参加
2012- 「基礎芸術 Contemporary Art Think-tank」


主な発表
2004 「pictogramophone : POSTE RESTANTE」(中井悠との共同企画) BankART1929 [神奈川]
2005 「Re」GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE
2005 「無題 (埋める)」多摩川河川敷 [東京/神奈川]
2006  グループ展「Rock in Rucksuck」東京芸術大学 [東京]
2006 「Wake Up. Black. Bear.」GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE
2007年からいつまでか不明 「待てない、逃げてください」アーカス・スタジオ [茨城] 辺り及び不明
2007 パフォーマンスイベント「Experiment Show 」 旧四谷第三小学校体育館 [東京]
2007 グループ展「OPENING EXHIBITIONS 」遊戯室 [茨城]
2008 「Frame」38th & 39th streets, 8th & 9th Avenues [ニューヨーク]
2008 「FULCRUM」sh site [ニューヨーク]
2008 「FLOWER」ISCP [ニューヨーク]
2008 「Fruit」タイムズスクエア (Between 44th & 45th streets) [ニューヨーク]  
2008グループ展「point」Alternative Space Loop [ソウル]
2008 「One Dozen」[Alpha M project にて] art space kimura ASK [東京]
2009 「Gift」CAMP/Otto Mainzheim Gallery [東京]
2009 「Whenever Wherever Festival 」森下スタジオ [東京]
2009  グループ展「Emporium - A New Common Sense of Space」レオナルド・ダヴィンチ科学博物館 [ミラノ]
2010 「日韓アーティスト・批評家交流展 point」京都芸術センター [京都]
2010 「行けない、来てください」アーカス・スタジオ [茨城]
2010 「来ると減る」Art Center Ongoing [東京]
2010 「気象と終身」[Whenever Wherever Festival にて高嶋晋一との共同企画] アサヒ・アート・スクエア [東京]
2010  グループ展「もっと動きを:振付師としてのアーティスト」広島市現代美術館 [広島]
2011  ダンスフォーラム We dance「いるはずもない」ヨコハマ創造都市センター他 [神奈川]
2011  グループ展「ゆっくり急げ(Identity VII)」nichido contemporary art [東京] 2011  所沢ビエンナーレ「引込線」所沢市の複数の会場 [埼玉]
2011 「あなたのコンセプトを私に売って下さい」[インド]
2011  グループ展「不幸なる芸術」switch point [東京] 2012  グループ展「Omnilogue: JOURNEY TO THE WEST」(国際交流基金主催)Lalit Kara Academy [ニューデリー]
2012 「独断と偏見:観客を分けます」国立新美術館 [東京]
2012 「あなたが埋める、●●●。(仮)」blanClass [神奈川]
2012 「14の夕べ」東京国立近代美術館 [東京]
2012 「P P P P P P P P P P P」(「NEO公共」)主に吉祥寺駅近辺と井の頭恩賜公園 [東京]
2013 「私はレオナルド・ダ・ヴィンチでした。魂を売ります。天国を売ります。」青山|目黒[東京]
2013 「遭難展」(キュレーター:CAMP)小金井アートスポット[東京]
2014  グループ展「VOCA展2014」上野の森美術館[東京]
2014 「写真撮影(アートマーケット、撮影者):ボディビルダー」(「アートフェア東京2014」) 東京国際フォーラム[東京]
2017 「未来芸術家列伝?」[東京]





Satoshi HASHIMOTO
(1452-1519 as Leonardo da Vinci, 1828-1894 as Yuichi Takahashi)

1977 Born in Tokyo
2000 Completed B-semi Learning System of Contemporary Art, Yokohama, Japan
2004-2005 Studied at Yotsuya Art Studium, Kinki University International Center for Human Sciences, Japan
2006 Awarded the Best Artsist Prize, Yotsuya Art Studium
2008 Grant of Asian Cultural Council, New York
2008 Artist in Residence at International Studio & Curatorial Program, New York
2012 A member of Kiso Geijutsu Contemporary Art Think-tank


Selected Exhibitions

2017 “Lives of the Future Artists IV”, Tokyo
2014 “Photographer (Art Market, Photographer): Bodybuilder” (on “Art Fair Tokyo”), Tokyo International Forum,Tokyo
2014 “VOCA” (Group Exhibition), The Ueno Royal Museum, Tokyo
2013 “Distress” (Group Exhibition), KOGANEI ART SPOT, Tokyo
2013 “I was Leonardo da Vinci. I sell my soul. I sell heaven.”, AOYAMA MEGURO, Tokyo
2012 “P P P P P P P P P P P”, (on “Neo Public”) Kichijoji Station neighborhood, Tokyo
2012 "False name” (on “14 EVENINGS”), The National Museum of Modern Art, Tokyo
2012 “Arbitrary Decisions and Prejudices: I Divide the Audience”, The National Art Center, Tokyo
2012 “Omnilogue: JOURNEY TO THE WEST” (Group Exhibition), Lalit Kara Academy, Delhi
2011 “‘Sell Me Your Concept’ in India”, India
2011 “Tokorozawa Biennial: SIDING RAIL ROAD” (Group Exhibition), Saitama
2011 “Identity VII: Festina Lente”, (Group Exhibition), nichido contemporary art, Tokyo
2011 “We dance”, YOKOHAMA CREATIVECITY CENTER, Kanagawa
2010 “Reverse” (on “More of an activity:the artist as choreographer”), Hiroshima City Museum of Contemporary Art, Hiroshima, Japan
2010 “Weather and Life in End” (on “Whenever Wherever Festival”), Asahi Art Square, Tokyo
2010 “It Decreases When Coming” Art Center Ongoing, Tokyo
2010 “Can't Go, Please Come”, ARCUS, Ibaraki, Japan
2010 “Throw a Stone” (on “POINT”), Kyoto Art Center, Kyoto, Japan
2009 “Inside/Outside” (on “EMPORIUM”), Museo Nazionale della Scienza e della Tecnologia Leonardo da Vinci, Milano
2009 “This River” (on the symposium), Yotsuya Art Studium, Tokyo
2009 “Each/Reach” (on “Whenever Wherever Festival”), Morishita Studio, Tokyo
2009 “Gift”, CAMP / Otto Mainzheim Gallery, Tokyo
2008 “One Dozen” (on “Alpha M project, The Space of Appearance”), art space kimura ASK?, Tokyo
2008 “Foot”, Scratch Tile, Yokohama
2008 “Focus” (on “POINT”), Alternative Space Loop, Seoul
2008 “Fruit”, Times Square (Between 44th & 45th streets), New York
2008 “FLOWER”, ISCP open studios, New York
2008 “FULCRUM”, sh site, New York
2008 “Frame”, 38th & 39th streets, 8th & 9th Avenues, New York
2007 “REMEMBER” (Group Exhibition), play room, Ibaraki
2007 “Land escape” (on “Experiment Show”), former The third Yotsuya elementary school, Tokyo
2007 “Keep Sleep, Not Deep Sleep”, maru gallery, Tokyo
2007- “Can't Wait, Please Escape”, vicinity in ARCUS (Ibaraki) and uncertainty
2006 “Wake Up. Black. Bear.”, GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE, Tokyo
2006 “Make Up Black Box” (on “pose LOOP dOOr / do or LOSE rOSE”), GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE
2006 “Rock in Rucksuck” (Group Exhibition), Tokyo National University of Fine Arts and Music, Tokyo
2005 “Untitled (Bury)”, The Tamagawa riverside, Tokyo/ Kanagawa
2005 “Re”, GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE
2004 “Duet” (on “Spiritual Exercise”), GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE
2004 “pictogramophone: POSTE RESTANTE” (collaboration), BankART1929, Yokohama
2004 “Another”, GALLERY OBJECTIVE CORRELATIVE