清 原 明 生 個展


『10年の軌跡』

 
 
 

会期=2014年3月31日[月]-4月5日[土]
会場=表参道画廊
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)










 しばらく発表しないでもう10年が経った。若い頃はちょうどバブル期で、売れている人を見ながら其の流れに乗ることも出来ず、あっという間に過ぎてしまった。展覧会を見ても何の驚きも感じられず、何をやったら佳いのかさっぱり分からなかった。

あるとき東京博物館でやっていた中国の清明上河図を紙上で見、2時間半ならんで観たそのとき、「これかな?」。広重の東海道53次や北斎の富岳36景を観たとき、「これだな」と思った。日記の様な絵で。私が生きている今を描けば良いんじゃないかと思ったとき気が楽になった。

 歩いて立ち止まったとき、その場所の建物とか人物など現代の文化風俗を切り取り描こうと思った。現代美術じゃないけど現在美術で良いんじゃないかと。ただ日記の様にさらさらとは描けない。2,ヶ月以上掛かってしまう。それを早くして行くのがこれからの課題だ。
  






□清原明生

1947  熊本県生まれ  
1974 東京芸術大学美術学部油画専攻卒業 
2013 東京都立綜合芸術高校講師退職(40年在職) 
現在 千葉大学工学部デザイン工学科非常勤講師他