宮 崎 光 二 個展


   『 亜・盲目 』・・・見てはいけない

 
  

会期=2014年3月3日[月]-3月15日[土] ・日曜休
会場=表参道画廊
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)









 しばらくの間、″眼差し″ということを、明確ではないが意識の片隅に置いて立体と平面という二つの方法で制作を続けてきた。それは身体の不調からの回復と歩調をともにするように、眼差しの対象として、自身を知ることをどこかで意識していたからのように思う。

 しかし、見ることも見られることも、それを求める瞬間になんとも曖昧なことになってしまう事に気付くことがあり、逃れ去っていく視線を感じ取ることのなかから「亜・盲目」という言葉が浮かび上がってきた。

 真正に見るということは、恐らく人間には許されていないのだと思う。私たちには、それは常に準じる、または遅れてくることとしての「亜」という言葉のなかで生起していることのようであって、私たちに与えられた唯一の道のように感じている。












□宮崎光二

1952年 福岡県生まれ
1976年 東京芸術大学 美術学部工芸科卒業
1981年 東京芸術大学大学院 美術研究科修士課程鋳金専攻修了


<個展>
1983・93・95・05年・11年 ギャラリーとわーる(福岡)
2000年 メタルアートミュージアム(千葉)
2004・06・07・08年 ギャラリー58(東京)
2009年 ヤマネアートラボ(福岡)
2012年 E&Cギャラリー(福井)他
<グループ展>
1981年 新工芸展 渋谷東急(東京)
1988年 日本金属美術作品展(北京・上海)
1988?92年 グループ89展 福岡市美術館(福岡)
1993年 プロメテウスの坩堝展 横浜ガレリア(神奈川)
1994・96・99年 日本の鋳金“いものの形”展 麻布美術工芸館(東京)他
1995・97年 地の力展 東京芸術大学美術館(東京)
1998年 第3回世界美術鋳鉄会議(アメリカ)
2001?07年 7人展 ギャラリー和田(東京)
2002?06年 Super Tight展 日比谷シティ(東京)
2009年 坂口寛敏・宮崎光二 ドローイング展 ギャラリーとわーる(福岡) 他多数


<受賞>
1976年 安宅賞受賞
1984年 現代鋳金工芸展 染川鉄之介賞受賞
1990年 現代鋳金工芸展 鋳金家協会賞
1992年 第4回倫雅美術奨励賞受賞(創作部門)
1995年 佐藤基金 淡水翁賞受賞
1998年 第1回佐野ルネッサンス鋳金展大賞受賞 他







「ヤコブ」F130





「パウロ」F130