Trait d'union 21


表参道画廊トレ・デュニヨン21
企業法人参加型企画展
   
 



  《掌と黒骨》


 
大竹敦人 + GINZA TANAGOKORO

 
 

会期=2014年6月30日[月]-7月12日[土]
会場=表参道画廊
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)
休廊=日曜日

協力=GINZA TANAGOKORO 「銀座紀州備長炭ショップ 掌」
東京都中央区銀座1-8-15 2F 〒104-0061
TEL:03-3538-6555 | FAX:03-3538-6556
http://www.tanagokoro.com








「備長炭を使いスケルトンをテーマに彫刻作品を発表」

 
備長炭との出会いは GINZA TANAGOKORO のショーウィンドウ・
ディスプレイを手がけた時で、ひと目でその素材美に惹かれた。

時と生命を閉じ込めた樹木の化石を思わせる姿、吸い込まれるよう
な黒色や美しく輝く断面、硬く儚いガラスのような響き。

写真の黒やガラスを選びとった時と同じように、それは私に話し
かけてくる。

形を選び、組み合わせ、繋げ、結ぶといった手仕事を通して備長炭
にどんな物語が与えられるだろうか。
 


※銀座備長炭ショップ 掌 は、「備長炭とともに考えるあらたな暮らし」
をテーマに今の暮らしに沿った商品を提案しています。
 












 

       









大竹 敦人(おおたけ あつひと)

■略歴/Biography
1970 東京都八王子市に生まれる
1995 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業(美術学士)
1997 東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修士課程修了(美術修士)
1998 東京芸術大学美術研究科研究生修了
1999-2002 東京芸術大学油画研究室非常勤講師(助手)
2001 東京学芸大学教育学部非常勤講師「絵画基礎」
2002-2005 東京芸術大学油画研究室常勤助手(文部科学教官)
2005-2006 東京芸術大学油画研究室非常勤講師「油画」
2006-2009 工学院大学工学部一般教育部  講師
2009 工学院大学工学部一般教育部 准教授(〜現在)
東京都多摩市在住
 
■個展/Solo Exhibitions
1998 Dialogue #、Galerie SOL、東京
1998 Shadow of Witness、Gallery FRECSCA、東京
1999 mirage、モリスギャラリー、東京
1999 air、Galerie SOL、東京
2001 乳化庭、セゾンアートプログラム・ギャラリー、東京
2004 水面/拾集、表参道画廊、東京
2006 視点と視線の海、遊工房アートスペース、東京
2006 光闇の器、ギャラリー同潤会、東京
2006 乳化、ギンザコマツ・アートスペース、東京
2006 サイト・スペシッフィク・ワークス/風景を閉じこめる球体写真、愛媛県美術館、愛媛
2008 プンクトゥム/光、MUSEE F、東京
 
■グループ展/Group Exhibitions
1994 EXHIBITION-風景-、東京芸術大学大学会館、東京
1995 写真で語る4、東京芸術大学陳列館、東京
1996 risa nagisa-五感のトランス-、YBP横浜ガレリア、神奈川
1997 桐生再演4〜街における試み、旧森山芳平織物工場・桐生市有鄰館、群馬
1997 Walking Museum97、新宿高島屋タイムズスクエア、東京
1998 TRACE展、Galerie SOL、東京
1998 現代の美術、井上画廊、東京
1998 桐生再演1999へ、桐生市有鄰館、群馬
1999 MIRAGE-鏡面界-、ガレリア・ラセン、東京
1999 生まれつつある現在、SOKOギャラリー、東京
1999 桐生再演5に向けて(東京展)、JIA Architects Museum、東京
1999 桐生再演5に向けて(桐生展)、桐生市有鄰館・塩蔵、群馬
1999 新人助手展、東京芸術大学絵画棟演習室、東京
2000 桐生再演6、旧森山芳平織物工場、群馬
2001 乳化景、東京国際フォーラム、東京
2001 Open Studio、東京芸術大学絵画棟、東京
2001 発生の場/ドローイング、東京芸術大学大学美術館陳列館、東京
2002 2002.HERE、ギャラリー毛利、東京
2002 LUMINAS/光の振幅、MUSEE F+表参道画廊、東京
2003 ピンホール写真2003展、GALLERY ississ、京都
2004 Voice of Site、台東区旧坂本小学校、東京
2005 News 新任スタッフ展、東京芸術大学大学美術館陳列館、東京
2005 Voice of Site, Visual Arts Gallery, New York, U.S.A.
2006 ギャラリー同潤会・オープニング特別展、ギャラリー同潤会、東京
2006 Tokyo池袋国際アートフェスティバル2006、豊島区旧高田小学校、東京
2006 第3回府中ビエンナーレ「美と価値」、府中市美術館、東京
2007 Optic Topography ・光学的地理A、表参道画廊、東京
2007 府中千年 心のかたち、府中市美術館、東京
2008 こどもとおとなの美術入門 たねとしかけ、群馬県立近代美術館、群馬
2008 光をつかまえて、市原市 水と彫刻の丘、千葉
2009 あざみの写真EXPO 視覚の冒険、横浜市民ギャラリーあざみ野、神奈川
2009 アートプログラム青梅2009 空間の身振り、青梅総合高校講堂、東京
 
■ ウインドウ・ディスプレイ
2009 GINZA TANAGOKORO、東京
2011 GINZA TANAGOKORO、東京
2012 GINZA TANAGOKORO、東京
2013 GINZA TANAGOKORO、東京
 
■パブリックコレクション/Public Collection
東京芸術大学大学美術館
The Art Institute of Chicago, Illinois, U.S.A.
愛媛県美術館
群馬県みなかみ町
府中市美術館
群馬県立近代美術館
 
■参考文献/References
自筆文献:
『risa nagisa-五感のトランス-』(展覧会カタログ)1996年
『桐生再演4』(展覧会リーフレット)1997年
『桐生再演5』(展覧会リーフレット)1999年
『桐生再演5』(展覧会ガイドマップ)1999年
『桐生再演6』(展覧会リーフレット)2000年
『乳化景』(展覧会カタログ)2001年
『発生の場/ドローイング』(展覧会カタログ)2001年
『Voice of Site』(展覧会カタログ)2004年
『第3回府中ビエンナーレ 美と価値 ポストバブル世代の7人』(展覧会カタログ)2006 年
『府中市美術館だよりvol.23』(美術館小冊子)2007年
『こどもとおとなの美術入門 たねとしかけ』(展覧会カタログ)2008年
『あざみ野写真EXPO 視覚の冒険』(展覧会リーフレット)2009年
『多摩美術大学交友会 出前アート大学 記録集』(ワークショップ記録集)2009年
 
他筆文献:
『桐生タイムス』1997年9月24日
鷹見明彦「個々の事物(たとえば鏡の表面)」『Dialogue #』(個展リーフレット)Galerie SOL 1998年
鷹見明彦「MIRAGE-鏡面界-」『MIRAGE -鏡面界-』(展覧会ポストカード)ガレリア・ラセン1999年
鷹見明彦「蜃気楼」『mirage』(個展ポストカード)モリスギャラリー 1999年
『桐生タイムス』2000年10月11日
鷹見明彦「作庭記仄聞-瞬きと永遠のあいだの庭-」『乳化景』(展覧会カタログ)東京国際フォーラム 2001年
是枝開『NEWSLETTER』No.23 セゾン現代美術館セゾンアートプログラム2001年
『THE WORLD』2001年9月12日
鷹見明彦「LUMINAS/光の振幅」『LUMINAS/光の振幅』(展覧会リーフレット)MUSEE F 2002年
『大人の科学マガジン』vol.3 2003年12月19日
『桐生再演アーカイブス』2005年
『京都新聞』2005年5月3日
『東毛いわき民報』2006年1月17日
山本和弘「大竹敦人 Inside Looking Out」『大竹敦人展《光闇の器》』(個展リーフレット) ギャラリー同潤会 2006年
『上毛新聞』2006年8月7日
『東毛新聞シャトル』2006年8月8日
『GMAT News』No.20 群馬県立館林美術館 2006年
神山亮子「現在の美と価値を求めて ポストバブル世代の7人の実践」『第3回府中ビエンナーレ 美と価値 ポストバブル世代の7人』府中市美術館(展覧会カタログ)2006年
武居利史「作品解説」『第3回府中ビエンナーレ 美と価値 ポストバブル世代の7人』(展覧会カタログ)府中市美術館2006年
石崎三佳子『大竹敦人 サイト・スペシッフィク・ワークス/風景を閉じこめる球体写真』(展覧会フライヤー)愛媛県美術館2006年
『大人の科学マガジン』vol.14 2006年12月18日
鷹見明彦「Optic Topography・光学的地理A」(展覧会ポストカード)表参道画廊2007年
成相肇「心のかたちと府中らしさ」『府中千年 心のかたち』(展覧会カタログ)府中市美術館2007年
『読売新聞首都圏版』シティライフ欄2008年1月22日
『上毛新聞』2008年8月6日
熊谷ゆう子『「たねとしかけ」の「たね」と「しかけ」』(展覧会カタログ)2008年
中島幸子『たねとしかけ関連事業報告』(展覧会カタログ)2008年
山本健『企画者の口上』(展覧会記録集)2009年
『多摩美術大学交友会 出前アート大学 記録集』(ワークショップ記録集)2009年
 
■主なワークショップ(一般市民を対象としたもの)/ Workshop
「絵画表現・入門(実技)」「絵画表現・基礎(実技)」/八王子学園都市大学 いちょう塾 2009年(〜現在)
「風景のプラネタリウム カメラ・オブスクーラのアートボックスを作ろう!」/横浜市民ギャラリーあざみ野(神奈川県・青葉区)2009年
「あざみの写真EXPO 視覚の冒険 アーティストトーク」/横浜市民ギャラリーあざみ野(神奈川県・青葉区)2009年
「イメージと表現」/八王子学園都市大学 いちょう塾 2008年
「風景のプラネタリウムーカメラ・オブスクラのアートボックスを作ろう!ー」/群馬県立近代美術館(群馬県・高崎市)2008年
「素描と表現」/八王子学園都市大学 いちょう塾 2008年
「出前アート大学NO.015」/多摩美術大学校友会(目黒区立烏森小学校)2007年
「大竹敦人 サイト・スペシッフィク・ワークス/風景を閉じこめる球体写真」/愛媛県美術館(愛媛県・松山)2006年
「フォトグラム - 光でえがく」/群馬県立館林美術館(群馬県・館林市)2006年
「写真の家を建てる - 風景を閉じこめる立体写真 - 」/群馬県立館林美術館(群馬県・館林市)2006年
「フォトグラム - 光の版画?影の作品を作ろう!」/いわき市立美術館(福島県・いわき市)2006年
「絵画制作(油画)後期」/東京芸術大学公開講座(東京・上野)2005年
「絵画講座」/NPO法人栃木国際芸術センター主催(栃木県・栃木市)2005年
「油画(後期)」/東京芸術大学公開講座(東京・上野)2005年
「油画(前期)」/東京芸術大学公開講座(東京・上野)2005年
「絵画制作(油画)前期」/東京芸術大学公開講座(東京・上野)2005年
「絵画講座」/NPO法人奥利根芸術文化アカデミー主催(群馬県・みなかみ)2005年
「Voice of site ギャラリートーク」/東京芸術大学美術学部主催、台東区教育委員会共催(東京・上野)2004年
「絵画制作(油画)」/東京芸術大学公開講座(東京・上野)2004年
「新しい美術の楽しみ方」/東京芸術大学公開講座(東京・上野)2003年
「今日の美術入門」/東京芸術大学公開講座(東京・上野)2003年
「カメラ・オブスキュラを冠って散歩しよう/影のアート・フォトグラムに挑戦」/東北生活文化大学高等学校、文部科学省特色教育進行モデル事業(宮城県・仙台)2003年
「今日の美術入門」/東京芸術大学公開講座(東京・上野)2002年
「今日の美術入門」/東京芸術大学公開講座(東京・上野)2001年
「Open Studio ギャラリートーク」/東京芸術大学主催(東京・上野)2001年
「今日の美術入門」/東京芸術大学公開講座(東京・上野)2000年
「今日の美術入門」/東京芸術大学公開講座(東京・上野)1999年
「茶筒製ピンホールカメラによる円柱写真とピンホール映像の体験」/ギャラリーフレスカ(東京・新大久保)1998年