東京写真月間2015
金子隆一(写真評論家・写真史家)企画




「モダニズムへの道程 - 写真雑誌
  『白 陽』にみる構成派の表現」展

 
 

 

会期=2015年6月1日[月]-6月13日[土] ・日休
会場=表参道画廊
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)

企画=金子隆一(写真史家)+表参道画廊
協力=京都・便利堂






 



「モダニズムへの道程-写真雑誌『白陽』に見る構成派の表現」展



写真雑誌『白陽』は、神戸で写真館を開業していた淵上白陽
(本名 清喜:1889〜1960)が1922年から1926年まで刊行
していた芸術写真誌です。五年間にわたって、増刊号を含めて
43冊が現在確認されています。

初めはピクトリアリズムの芸術写真でしたが、1925年に入ると、
「構成派」と称されるモダニズムの表現を志向するようになって
ゆきました。その表現は、1930年代になって写真の機械性にもと
づく近代的写真表現のように明快なものではありませんが、芸術
写真がどのように近代化されていったかの道程を表わしていると
言ってよいでしょう。

また掲載された図版は、精緻なコロタイプ印刷で刷られていて、
オリジナル・プリントとして世界的に認知されていますが、
それは日本のコロタイプ印刷技術が銀塩プリントやフォトグラビア
印刷と同等の技法として成立していることを証明しています。

本展では、『白陽』が構成派の表現を志向していった時代の作品を、
オリジナルのコロタイプ印刷による作品約20点を額装して展示し
ます。そこからは、いまから90年も前の芸術写真家たちの冒険心と
日本のコロタイプ印刷技術の豊かなコラボレーションが見えてくる
ことでしょう。








淵上白陽「円と人体の構成」
(『白陽』第5巻第6号、1926年7月発行)より
サイズ:157x156 mm  
技法:コロタイプ印刷







□出品リスト

A. 淵上白陽「円と人体の構成」 『白陽』第5巻第6号 1926
B. 津坂 淳「ブリッヂ」    『白陽』第5巻第6号 1926
C. 高濱亀三郎「コンストラクション」 『白陽』第5巻第8号 1926


1. 淵上白陽「マーボイストの肖像」『白陽』第5巻第6号 1926
2. 淵上白陽「静物」       『白陽』第4巻第3号 1925
3. 淵上白陽「静物」       『白陽』第4巻第1号 1925
4. 淵上白陽「コンストラクシオン」『白陽』第4巻第6号 1925
5. 淵上白陽「静物」       『白陽』第5巻第3号 1926
6. 西亀久二「どよめく空気」   『白陽』第5巻第3号 1926
7. 西亀久二「幻想」       『白陽』第4巻第9号 1925
8. 西亀久二「二人の男」     『白陽』第5巻第5号 1926
9. 西亀久二「コンストラクシオン」『白陽』第4巻第10号 1925
10. 西亀久二「静物」       『白陽』第5巻第6号 1926
11. 西亀久二「輝ける構成」    『白陽』第5巻第2号 1926
12. 福田勝治「静物」       『白陽』第5巻第5号 1926
13. 唐  武「静物」       『白陽』第5巻第2号 1926
14. 高田皆義「静物」       『白陽』第5巻第5号 1926
15. 高田皆義「風景」       『白陽』第4巻第3号 1925
16. 馬場八潮「静物」       『白陽』第4巻第3号 1925
17. 馬場八潮「肖像」       『白陽』第5巻第6号 1926
18. 平尾銓爾「布良風景 其の三」 『白陽』第5巻第6号 1926
19. 松尾才五郎「静物」      『白陽』第5巻第2号 1926
20. 松尾才五郎「研究」      『白陽』第5巻第6号 1926










会場風景


会場風景







会場風景