手嶋 毅

365日のパピエ・コレ展


  


    


会期=2016年4月11日[月]-4月16日[土]・日曜休廊
会場=表参道画廊+MUSEE F
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)
オープニング・レセプション=4/11(月)17:00-19:00







手嶋毅 365日にパピエ・コレ展に寄せて
・時よ、とまれ されど 時よ、うごけーー手嶋毅のカット・アウト作品  (前田富士男 慶應義塾大学名誉 教授)

・「テシマ・ユニバース」の出現  (河口洋一郎 東京大学大学院教授、2012年SIGGRAPH Distinguished Artist Award、2013年紫綬褒章受章)

・「A DAY」、その感性のアーカイブ  (福森大二郎 大学講師、デジタルアーカイブ・メディア研究)




展覧会によせて (手嶋毅)
 「パピエ・コレ(Papiers Collés)」は「貼付けられた紙」。その呼び方は、ポール・セザンヌやアンリ・マティスの影響を受けたジュルジュ・ブラックとパビロ・ピカソのキュビ ズムの頃に溯る。多視点で、描く対象を徹底的に分解するキュビズム絵画は、1912年頃に、日常に存在する 新聞紙、包装紙等の紙の一部を油彩の画面に貼込む「パピエ・コレ」により、対象の具象性からかけ離れてし まった表現に一片のリアリティを持ち込むことで新規なテクスチャー獲得し、新たな変容と表現を生むことに なった。この「パピエ・コレ」による異物の組合せの概念は、ダダやシュールレアリスム運動の中で、「コラー ジュ」「アサンブラージュ」「モンタージュ」と実存しない意想外の虚構空間を創造する手法として平面だけで なく立体作品をも生み出すことになった。一方、その後、ピカソが「ゲルニカ」を描いている1937年頃に、 ピカソの12歳年上であるアンリ・マティスは、自身の後半生で「紙」だけによって、純粋に「色と形」による 新しい表現を見出しつつあった。これはピカソ等が始めた目的とは異なったものであったが、「パピエ・コレ」 である。ガッシュで塗られた紙をハサミで切り、「紙に糊付する切り紙絵(Cut-Outs)」といわれてい る。 それは彼独自の手法として発展し、彼が73歳頃からは、色彩を直に扱い、その色の純化と形の単純化によって構成された表現は、「線画と彩色画との間の大き な隔たり」という従来抱えていた葛藤を解消し、今までを総括する輝かしい創造の喜びに浸っていくことにな る。
 私にとっての「パピエ・コレ」は、30年程前になり、1986年に「A DAY A COLLAGE」(アトリウム)という展覧会をしている。その時は、雑誌等の印刷物を切り取って「パピエ・コレ(コラージュ)」をして、その上に直感的に ドローイングするのを日々楽しんだものだった。   
 今回は、「色と形と手描き」の組み合わせの楽しみ、それに一年間という継続する時間軸を加えて制作した。 毎日の午前中を制作の時間とし、一日一日が新しく感じられ、刺激的であり緊張もあった。高村光太郎は指先が 僅かな起伏に気づき、「嗅覚は鼻の粘膜の触覚による」と言い、「色彩が触覚でなかったら(絵画の)画面は永 久にぺちゃんことなるだろう、人間の五官は殆ど全く触覚に統一される」と語っている。そう、制作をしている 時に、私もこの「触覚」を感じることがあった。私にとっても「パピエ・コレ」の制作は、ドローイングした紙 片や色紙を「触覚」で色と形を感じながら、「色を活け」「形を活け」た。それが、制作された作品の色と形が 立体化しているようにも感じられる所以だろうか。
  一日毎の「パピエ・コレ」は、一日しか存在しないエフェメラとも言えるが、一つの作品である。また、そ れらが纏まった各月毎、さらには 365日の「パピエ・コレ」 アーカイブは、私の感性と触覚によって創造された一つのシリーズ作品でもある。これは、私のユニバース「宙」になった。
 その「宙」を、作品を額に入れて展示、手製版の各月毎の冊子体、そして映像展示で見ていただくことを考え ている。(2016年1月)








□手嶋毅 

1944年生まれ。
慶應義塾大学哲学科美学美術史学科卒業、大日本印刷、DNPアーカイブ・コム、DNPアートコミュニケー ションズを経て2010年退職。
現在、アート・ドキュメンテーション学会評議員。  

2010年5月リタイア後は、我家teshihouseを拠点にTeshima Creatives Associatesと 名付けたユニットを、パートナーである妻慶子と共同で活動し、創造的な人生を目標に過ごして行くことを目指しています。  
具体的には、絵画、陶芸、立体オブジェ等のアートワーク制作と、こどもたちに美術作品を楽しむよろこびを 知ってもらおうと、「美術鑑賞の楽しさ」を身につけるための教育プログラム企画を考え実践しています。


http://www.teshihouse.net/
http://teshihouse.exblog.jp/


□手嶋毅 展覧会歴:
「A DAY A COLLAGE 展」(1986年 早川邦彦設計による中野の「アトリウム」にて)
「手嶋毅の草花入陶器展」(2004年 小林規子主宰による表参道「跡利絵NOPPE」にて)
「手嶋毅の365日のパピエ・コレ展」(2016年 里井彩里主宰による「表参道画廊+Museé F  にて)



 ---------------------------------------









2015.4.11
color papers,acrylic,water color,cut and pasted
260x370 mm









2015.2.03
color papers,acrylic,water color,cut and pasted
260x370 mm









手製版各月のA5判小冊子