横井祐輔 作品展

   「紅型・染版画」


 



会期=2019年5月20日[月] - 5月25日[土]
会場=表参道画廊+MUSEE F
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)
   


      





紅型は、琉球王国時代に王宮の王族・士族階級の衣装のために染められた伝統的な染物である。現在では沖縄琉 球舞踊の衣装としてその豪華な、また独特な格調高い色合いを目に触れることができる。

その琉球紅型の魅力に惹きつけられた横井は、1980年にそれまでのミュージシャンとしての音楽活動を休 止し琉球紅型を習得すべく沖縄に移住した。

現在は東京と沖縄を拠点に海外では、ハワイ、ドイツ、フランスなど、国内では九州、西日本を中心に作品展 やワークショップなどの活動を続けている。

近年は、暖簾・タペストリー等インテリアファブリックや版画・イラスト等額絵など幅広い自由奔放な作風を 見せる傍ら、琉球舞踊衣装など着物・帯地に伝統びんがた作品、和紙を素材にした屏風も制作。















■横井祐輔

1953年    名古屋市生まれ
1980年    それまでの音楽アート活動を休止し、紅型(染め)を学ぶため沖縄・首里へ移住。
1984年    グループ展、企画展へ出品参加。沖縄県の依頼により南米・ハワイ移民の記念品を制作。
その他、首里城西小学校の瓦のデザイン等をする。
1989年    沖縄ジャンジャンでマイムの舞台美術を担当.
1991年    那覇市でアクリル画・版画の個展。ライブパフォーマンスをする。
1996年    福岡玉屋百貨店・美術画廊で個展
1993〜1998年    毎年九州・四国・中国・関西各地の美術画廊で作品展。
(この頃、秋篠宮様複数回にわたって作品を購入下さる。)
1999年    九州・四国・中国・関西各地の美術画廊で作品展。
2000年    沖縄ラマダルネッサンスホテルで作品展
2006年    東京・日本橋・小津和紙博物館ギャラリーで個展(招待)
2008年    Hawaii ホノルル美術館ArtCenterで個展(招待)・ワークショップ。
2011年    9月 長野・飯田アートハウスでグループ展開催
2012年    9月末から3週間 Hawaiiで個展(招待) 
ホノルル・マウイ島・ハワイ島でワークショップを開催
2013年    3月 沖縄県浦添美術館喫茶室で個展
2014年    7月 東京・銀座スワンカフェで個展
8月 東京・渋谷Gallery muで個展
11月 東京・二子多摩川Allison Cafeでワークショップを開催
2015年    3月 沖縄県浦添美術館喫茶室で展示会    
7月 東京・渋谷Gallery muで個展     
9月 大阪・桃谷Space Muで個展
2016年    9月 ドイツ・ケルンでworkshop ケルン•メディア芸術大学他
2017年    9月 名古屋・千種で個展
2018年    5月 フランスパリ、ドイツ・ケルンでworkshopと個展(予定)
6月 東京・表参道画廊で個展(予定)
9月 大阪・桃谷Space Muで個展(予定)







琉球舞踊家と