東京写真月間2021
小原真史企画


  笹岡啓子展「渚にて」
   

 


会期=2021年5月31 日(月)- 6月12日(土) ・日休
会場=表参道画廊 + MUSEE F
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)
主催=小原真史+表参道画廊   

     





 本展は笹岡啓子の「Shoreline」と 「Remembrance」「Park City」の3シリーズから構成されています。

 日本各地の海岸線を被写体にした「Shoreline」では、陸地が海に侵食され、混交する様子が捉 えられています。寄せ来る波と寄り返す波とが出会い、人為と自然とが拮抗する渚は、相互の営みによって 時代とともに刻々と変容し続けてきた場所です。笹岡は海に囲まれた日本の国土の曖昧な輪郭を浮かび上が らせると同時に、そのまなざしを山の稜線に転じることで、人間的な時間の尺度では看過されてしまうよう な、過去と未来の海岸線をも見出そうとしています。

 「Remembrance」は、2011年4月から東日本大震災による津波と原発事故の被災地域で撮 影されました。ときに自然の猛威は、海と陸、山と平地との境界線を引き直してしまいます。その意味で人 間が住んでいた痕跡と津波の痕跡とが混交する土地を撮影したこのシリーズは、「Shoreline」の 延長線上に位置付けられるものだといえます。津波にさらわれた釡石市で、その被災の様子について「広島 で落ちた原爆が落ちたみたいだよ」と、自身の出身地の名を耳にした笹岡は、その言葉に導かれるように原 発事故の被害にあった阿武隈山地へも撮影地を広げていきました。
「Park City」は、広島の平和記念公園周辺を撮影したシリーズです。太田川が本川と元安川とに分岐する三角州に位置するこの公園は、1949年に施行された 「広島平和記念都市建設法」のもと大規模に整備され、原爆に関する数々のモニュメントや資料館が残され ていますが、笹岡が「ぽっかりがらんとした」という印象を受けたような、寄る辺のない空間が広がってい ます。笹岡は帰郷するたびに原爆の痕跡の保存とその破壊とが同居するようなこの平坦な広がりにレンズを 向け続けてきました。写真のなかの「公園都市」は、戦前の軍都・廣島と戦後の平和都市・ヒロシマとが、 そしてその記憶と忘却とがせめぎ合 う渚のような場所に見えます。


✴「︎ 渚にて」は、核戦争後の世界を舞台にした小説ネビル・シュートの小説の『On the Beach』(1957年)の邦題。






笹 岡啓子 Keiko Sasaoka

1978 年広島県生まれ。
「PARK CITY」(銀座ニコンサロン、2008 年)、「Difference3.11」(銀座ニコンサロン、2012 年)、「日本の新進作家 vol. 11 この世界とわたしのどこか」(東京都写真美術館、2012 年)、「種差 ―よみがえれ 浜の記憶」(青森県立美術館、2013 年)、「大地に立って/空を見上げて ―風景のなかの現代作家」(群馬県立館林美術館、2016 年)、「新・今日の作家展2017 キオクのかたち/キロクのかたち」(横浜市民ギャラリー、2017 年)ほか個展・グループ展多数。
2010 年に「日本写真協会賞」新人賞、2012 年にさがみはら写真賞新人奨励賞、2014 年に第23 回林忠彦賞を受賞。写真集に『Park City』(インスクリプト、2009 年)、『Fishing』(KULA、2012 年)などがある。







  
©笹岡啓子