篠田優 写真展

  「有用な建築」


   

 


会期=2021年5月10 日(月)-15日(土)
会場=表参道画廊
時間=12:00-19:00(最終日17:00まで)
主催=表参道画廊   

     





展覧会概要


篠田優は長野県出身、現在東京を中心に活動を行っている写真家です。本展覧会では、篠田が 2017 年より継続的に撮影している長野県松代町に取材した写真群から、太平洋戦争末期に建設された大本営跡の壕内に残された掘削痕を黒白フィルムで撮影したシ リーズ、壕の掘削時に搬出されて投棄された「ずり(廃石)」をカラーフィルムで撮影したシリー ズを出展いたします。

篠田は、2015 年から現在まで三浦半島、房総半島に残された本土決戦用の陣地を含む遺構群を、大型カメラなどを使用して取材してきました。本展出品作はそれらの写真群の 延長線に位置づけ
られています。

精細な描写によって写真のもつ記録能力を活かし、徐々にその数を減らしつつある戦争の痕跡を アーカイブするような写真群は、写真における記録の限界や、写真の発展とも重なり合う近代と
いう時代へと、問いを発するための手がかりとなることを期するものでもあります。









篠田 優 / SHINODA Yu

1986 年長野県生まれ、現在東京都在住。
2010 年上智大学 経済学部 経営学科 を卒業後、
2013 年東京工芸大学芸術学部 写真学科を卒業。
現在、明治大学大学院理工学研究科建築・都市学専攻総合芸術系に在籍。
主な受賞歴に、2012 年  EINSTEIN PHOTO COMPETITION X2 岩渕貞哉賞、
2013 年塩竈フォトフェスティバル写真賞大賞がある。


〔個展〕
2021 「ひとりでいるときのあなたを見てみたい」 (Alt_Medium / 東京)
2020 「抵抗の光学」(リコーイメージングスクエア東京 / 東京)、
          「 wakes」(表参道画廊 / 東京)
2019 「wakes」(ととら堂 / 神奈川)、「text」(Alt_Medium / 東京)
2018 「Voice(s)」(からこる坐 / 長野)、「航跡図」(Alt_Medium / 東京)
2017 「See / Sea」(ニコンサロン / 東京・大阪)、
          「ひとりでいるときのあなたを見てみたい」(Alt_Medium / 東京)、
           「写真へのメモランダム」(Alt_Medium / 東京)
2016 「Medium」(trace / 京都、ビルドスペース / 宮城)
2015 「Medium (six or forty photographs)」(平間写真館 TOKYO / 東京)

〔グループ展〕
2020  「imshow」(Alt_Medium / 東京)
2017  「信濃美術館クロージング ネオヴィジョン新たな広がり」
                                                                      (長野県信濃美術館 / 長野)
2016  「(PERSONAL)DOCUMENTS PROJECT」(Gallery Sijac / 韓国)ほか

〔出版〕
『Medium』(発行: 塩竈フォトフェスティバル)

〔WEB-site〕
http://www.shinodayu.com/





     
©篠田優                           ©篠田優




©篠田優