History of Exposition
since2002.9

過去の"展示履歴"は こちらからどうぞ
 2002.09〜2003.06
 2003.07〜2004.04
 2004.05〜2005.04
 2005.05〜2006.07
 2006.09〜2007.12
 2008.01〜2008.12
 2009.01〜2009.12











 



圓山和幸
 


2010.12.6-11
 
 

 平面作品を製作する上でイメージから離れる事はできませんし、どんな形であれ、どのような表現であれ、便宜上具体的な形を提示しなければなりません。ではイメージはどこから生まれ、どのような過程を経てイメージを形成するのでしょうか。イメージは具体的な形を持つと、意味や見方が限定されてしまう場合が多いですが、明確な形をとる前のイメージの原初の姿はどのようなものだったのでしょうか。最初から完成された形を持っていたかのかもしれませんし、不定形で何にでも姿を変える自由な存在かもしれない。何事にも縛られない自由な存在の象徴として私はイメージの原初の姿を表現したいと考えるようになりました。混沌として流動的な状態ではありますが、それは全てのものが有機的に絡み合い調和された世界でもあると私は思います。

2000年京都精華大学版画専攻卒業。
2003年多摩美研究科絵画修了

                                                                       

 









 



山田映子
 

  

2010.11.29-12.4
 


 

新月の日。月の光がないと暗いので、星がよく見えます。満月の日。月の光は明るく、電灯がなくても歩くことができます。海には潮の干満があります。大潮の日。潮が引くと、海の遠くまで歩いて行けます。運がよいと、貝やタコがとれます。そういう自然をこれまで私は知りませんでした。東京から移住して2年がたちます。熱帯の光と水で、沖縄の自然は生命力に満ちています。自分のすぐとなりに自然がある生活をこれまで私は知りませんでした。移住生活で見つけた自然の作品展です。

2001年 武蔵野美術大学造形学部日本画科卒業。現在、沖縄在住。

                                                                       

 









 



中川西 綾
 

  
2010.11.22-27
 


 
伝えたいことが、けばけばしくなってくる。  
表面的になりすぎて、私がつまらない。    
別のものにしてしまおうと、手が動き続けたあとは 
まっしろになって 懐かしい 涙。     


1988 福島県生    
現在 文星芸術大学美術学部美術学科油画専攻在籍

                                                                       

 









 



いなおかみちこ
 クリスマスオーナメント人形の世界

  
2010.11.15-20
 

趣味の延長で作っていたクリスマス・リース
やオーナメント・・・。毎年制作テーマを決めて、可愛く大胆なデザインで制作された
「クリスマスオーナメント人形の世界」を
どうぞお楽しみくださいませ。

 
                                                                       

 









 


鷹見明彦(美術評論家)企画
「Earthbound」
 
ー済州島と対馬から、写真をー
内田亜里写真展  


  

2010.11.2-13
 

2008 年4 月、在日の小説家である金石範氏の小説の舞台である済州島を訪れた。これ は氏のインタビュー本(*)に掲載する写真撮影のための渡航であった。飛行機が空港に 着陸する寸前から、わたしは「良い気」がしていた。これは、作品撮影のみならず様々な 撮影においてうまくいく兆しであり、わたしはこの直感に忠実な行動をとることにより、 あらゆる風景が写真に押し寄せてくると確信している。これは大事なことだ。 その滞在からちょうど1年後の4月、さらに1年後の4月、わたしは済州島を訪れた。 日本の対馬から韓国船にのり釜山、済州島への旅であった。 隣の国のことでありながら「そうではない」、自分の国でありながら「そうではない」、の 繰り返し。私は今いるこの地に両親からひきついだ血をしっかりと意識しながら、(かの地) から(かの地)へと移動をする。カメラだけあればいい。 2010年9月 内田亜里

(*)「金石範 《火山島》小説世界を語る!」2010 年 右文書院刊
モノクロ大型プリント 四つ切りサイズなど 約40点展示予定
ギャラリー内にて書籍販売  「金石範 《火山島》小説世界を語る!」2010 年 右文書院刊 ¥2400  







 

 









 



釜我由美
 

  

2010.10.23-30
 


 

微笑んだ口元。きりっと冷えた辛口のシャンパンを一口。細かい泡が美味しい。手のひらから次々と真上に放り上げられたきゅうり。なす。トマト。パプリカ。次々と落下してくるじゃない。次々としっかり受け止めて、次々とまた放り上げる。 ある期待感をもって、野菜たちが私の手を離れて、そしてまた戻ってくる。トマトの青臭い匂いが広がる。お手玉より難しい。どれもこれも形も重さも手触りも何もかも違うんだから。 今、倒れそうなほどとてつもなくたくさんの事が目の前にある。しかしそれよりもっとたくさんの大事なことがあるらしい。 ある期待感をもって、私たちは私の手を離れて、そしてまた戻ることなく、その先の未来へと旅立っていく。

                                                                       

 









 



関 仁慈
 

  

2010.10.18-23
 


 

「絵を描くようになってから、ずっと、見えない存在(もの)、そこにある雰囲気というもの対して作品制作をしてきました。感情的な作品から、その存在の象徴となる作品まで。その過程で、だんだんと形がなくなり、色がなくなり、その『素』となるものに魅かれていきました。“シンプルなものの中にこそ、本質的な奥深さがある”。今回の展示は、すべて素(しろ)から白で完結します。そしてその『素』からなるものから何かしらを観ていただけたらと思います。

                                                                       

 









 



中田誠志
 「はじまりの人々」

  

2010.10.11-16
 


 

まちなかの人を撮りつづけている。カメラを持っているとき、考えることはあまりない。けれどもできあがった写真を手にとって見ていると、 これよりまえ、かれらは生まれたのだろう。これよりさき、かれらは死んでゆくだろう。という思いがする。ほんとうにそうした存在として、かれらともういちど出遭い、もういちど見る。それが自分にとっての写真の機能なのだと今は感じる。

2005年 立命館大学文学部心理学科卒業 
2007年 ビジュアルアーツ専門学校大阪写真学科卒業
2007 個展「はじまりの人々」コニカミノルタプラザ(東京) 
2009グループ展「窓の表面/Slow & Tense atmosphere」京都国際交流会館(京都) 「2009,ASIA&RICE」Sori Arts Center(韓国全州)
2010年グループ展「ミラー・モンタージュ」ベルギーフランドル交流センター(大阪) 個展「はじまりの人々」学芸出版社GALLERY耀(京都)グループ展「Surface of window」iphos photo space gallery(韓国ソウル)

                                                                       

 









 



宮川有紀
 

  

2010.10.4-9
 


 身の回りの植物から和紙を作り、その植物を立体で再構築するインスタレーションを制作しています。 伝統的な和紙製法を用入り(※熊本県水俣市 浮浪((はぐれもの))工房、金刺順平さんにご指導を得て) 本展では大学院修了で展示した、台東区で剪定したツタでツタを作り、窓の光を活かしたインスタレーション、小豆島アーティスト・イン・レジデンスの現地制作、オリーブでオリーブの苗木を作ったインスタレーション、新作の版画を展示予定です。 植物を自分で摘むことはしません。仕方なく摘まれた彼らに新たな命を自分の作品にて生まれていくことで、植物の新たなサイクルを見いだし、また、和紙の可能性について、独学で制作しています。 今後も東京や、地方にて、植物と向き合いながら、活動していく予定です。


2007年 東京藝術大学美術学部油画科専攻 卒業
2010年 東京藝術大学美術研究科油画専攻 修了
2010年 4月〜8月 小豆島アーティスト・イン・レジデンス2010/spring
                                                                       

 









 



松代守弘
 Pictures at an Exhibition
-please don't hurt to me this way-

  

2010.9.27-10.2
 


 今回出展した画像は、全て個展会場における出展者を撮影したもので、会場の制約などがあった場合を除き、基本的に「事前の申し入れ無しで、即興的に撮影した」ものです。いわゆる「美術作品」の展示会場には出展者が常駐するとは限りませんが、多忙な出展者も時間を割いて在廊しています。その理由は様々ですが、自らも自作に向き合っている、または鑑賞者の反応を確かめている出展者が少なくありません。つまり「出展者もまた観る側に位置している」と言え、そこで「事前の申し入れ無しに撮影を求められる」ことは、撮影を求められることそのものの意外性に加え、観る側から被写体への不軌遷移、あるいは「観る側から観られる側への倒置」という要素も含まれると考えました。
本展においては、観る事と観られる事の関係性をはじめとする、作品を展示すると言う行為を取り巻く様々な要素について、考えるきっかけをも提供できればうれしく思います。

                                                                       

 









 



藤本なほ子
  「現在の遺跡」
  

2010.9.20-25
 


数年前に遺跡に行った。
ギリシャの、オリンピアの競技場の跡である。
そこには、かつて特別な場所だったことを示すものは何もなくて
雑草の生えた、ただの広い野原だった。

人が何かを書いた紙は遺跡に似ている。
書かれたときの時間の気配と、一定の広さを持っている。
その時間をもっと鮮明に見ようとすることもできるけれど
実際には、今と、その一瞬後の姿しか見えない。

他人の筆跡をなぞって写した紙、
話された声の記録などによる
「現在の遺跡」のインスタレーション。


                                                                       

 









 



石井 槙 ・ 竹内まゆ
  Narrative paintings
  

2010.9.13-18
 

 一枚の絵からはみだし、流れ出す、たくさんの想像の物語。
魚は花のように形を変え、雲は音楽のように波をつくり、 重なる色や形のひとつひとつが、
小さな物語を作り上げていきます。ゆっくりと流れる、静かなストーリーのはじまりとおわり。    



石井 槙・・・2007年 東京学芸大学教育学部芸術文化課程美術専攻卒業    
       2009年 同大学院教育学研究科修士課程美術教育専攻 修了     
竹内まゆ・・・2008年 東京学芸大学教育学部芸術文化課程美術専攻 卒業


                                                                       

 









 



久保田 潤

  

2010.8.30-9.11
 

海に浮かんで海を見る。雲を見る。波面を滑る人を見る。
世界は動いている。
陸に上がって絵を描く。世界を絵に運び、絵を世界と照らし合わせる。
世界は動いていて、絵は止まっている。しかし実は、絵も動いている。
絵が動き出すとき、世界は止まるのだ。
海に浮かんで波に乗る。彼方から寄せてきた波に乗る。
波に乗るように絵を描きたいから、絵も彼方からやってきてほしい。



東京生。鎌倉在。 東京藝術大学デザイン科卒。
2009年12月 個展「水浴図」 表参道画廊。
2010年3月 個展「水浴図」TAMBOURIN GALLERY。



http://www.kukbotajun.com


                                                                       

 









 



鷹野 健

  

2010.7.12-17
 

世界と私の間にはなにがあるのだろう。
知り合いや見慣れた風景が写っている写真。写された対象物はひどく遠いものに思える。
私は本当にこの景色をファインダー越しに眺めていたのだろうか。時間や空間から完全に切り離されたもの。
もう一度、世界と私とが連続するものであるように。



1980  神奈川県生まれ
2003 多摩美術大学美術学部版画専攻卒業
2005 愛知県立芸術大学大学院油画専攻修了
2006 愛知県立芸術大学油画専攻非常勤講師
2007 多摩武術大学版画専攻助手
    

                                                                       

 









 



石井香菜子

  ある眺め

2010.7.5-10
 

かつて窓から見えた風景

富士見という地名が数多く残るように
少し高く登った場所や
開けた土地からは
富士山を望むことができた

祖父が身支度をする
二階の洗面台のある部屋からも
それは望むことができた

失われた風景を
再び窓辺に浮かべることの試み
層を介した時の変容


1984 神奈川県出身
2007 東京芸術大学美術学部絵画科油画卒業
2007-08 パリ国立高等美術学校在籍(大学間交換留学生として)
2010 東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻 修了     

                                                                       

 









 



鈴木保子

  

2010.6.28-7.3
 

「浮遊する像 形の交差 消えゆくイメージ 空虚感・・
常に変化し形を留めない・・流れる景色は美しくもあり、虚しくもある。
私の記憶、跡
版画で表現することは時間を版にとどめようとする行為でもある。」

2008年に、武蔵野美術大学大学院造形学科研究科版画コース修了。こちらで2回目の個展。
水中から水面をみあげたようなみずみずしい作品。光を感じる水面下と暗闇をおもわせる水面上の暗示は作家自身の反映のようでもある。   
  

                                                                       

 









 



菊池遥、堀はる菜、横尾歩子

いろのかたち 
forms of each explains-   

2010.6.21-26
 

“いろ“というのは外面だけではなく、内面にもあると思う。人の場合、顔色、声色、才色等がある。それは生活の中で受動的であったり、能動的であったりする。人はそれらを感じ、考え、解釈をしている。私の ”いろ“と私以外の”いろ“を混ぜ合わせた他にない”いろ“のかたち。


                                                                       

 









 

東京写真月間2010MUSEE F選抜展

岡本真菜子
「明るさ」

2010.6.14-19
 

日々の暮らしのうわずみのようでもあり、澱のようでもある。
小さな写真の展示です。
誰かに会いたくなるような写真が撮れたらいいな。
たわいない話しがしたくなるような。


日本大学芸術学部写真学科卒業。
もと「女の子写真家」。
現在、ファッション、くらしまわり、ポートレイト雑誌を中心に活躍中。
 



                                                                       

 









 

東京写真月間2010MUSEE F選抜展

隼田大輔
「うばたま」


2010.6.7-12
 

 昨年6月に暗闇をテーマに制作した写真「うばたま」を発表後、それを携えてART OSAKA2009, SLICK2009(PARIS)
に出品してきた。そして制作は終わることなく今も続いている。どうやら、僕はこれまでの30年間をこの作品に着地させようとしているみたいだ。

「光の不在によって暗闇は存在する。我々は人工照明を発明し、暗闇を失った。
それはもはや比喩的に使われる概念でしかない。しかし、暗闇は概念ではなく実体である。
暗闇は見えないことによって見える。フィルムに記録されないことによって記録される。」




                                                                       

 









 

東京写真月間2010MUSEE F選抜展

KOSUNA
" Can I Take Your Picture ?"


2010.5.31-6.5
 

 日常の生活の中の自分を、見ることは出来ない。見ることの出来ない私と、いつも鏡などで見慣れている私。ふっとガラスに映っている自分の目と視線が合った瞬間、思わず目をそらしてしまう。 私が見ている私って、本当の自分なのかな。 それは、私なのか。 私の中の私なのか... それとも私とは違う私なのか。 しかし、そう思った瞬間、 私は、ここにいるかも知れない。




                                                                       

 









 

東京写真月間2010

益田道子
「遭遇する風景」


2010.5.24-29
 

 十年来「存在するということ」をテーマに撮影をつづけて来ました。物体がその使用目的をはなれて、それ自体として存在しているとき、彼らは確かに自らの在りようを認識し、そこに存在することの必然性を受け入れ、矜持を、悲哀を、空しさを発信していました。

第1会場:表参道画廊〈彷徨〉
第2会場:MUSEE F〈原点〉 




                                                                       

 









 


グループ展


2010.5.17-22
 

 表参道画廊で開催している更紗染め作品展との合同展となります。







                                                                       

 









 







 




山口謙作


2010.5.10-15
 

 植物や風景を題材にした油彩作品は、限りなく具象的ではあるのにその詩情豊かな画風は観る者の心をとらえる不思議な魅力をもっている。
愛知芸大を卒業後もそのまま長久手にとどまり、制作を続けている。表参道画廊で発表を重ねているが、今回は展示空間を変え、久しぶりに小品中心の展示になるとのことで楽しみな展開となりそう。




                                                                       

 
























 


佐々木ミナミ


2010.4.19-24
 

幼い頃から墨は身近な存在でした。現在でも、様々な色彩を用いて制作をする一方で、墨の試みも重ねております。紙の上にあらわれる墨の濃淡や余白、にじみや擦れ、ぼかしといったものに、思いがけない面白さや表現の可能性を見出す事ができます。
今回は、そうした発見の中から12点を選んで展示いたします。





                                                                       

 









 


星野百合子
 


2010.4.12-17
 

 近づきたくても
 目には見えないもの
 憧れてきたもの
 絵を描くことで
 その気配を想い
 いつの頃からか
 心の内と
 現実世界とをつなぐ
 通路のような存在を
 意識するようになった

 制作するときは
 特別な理由を持たない
 言葉にならない思いのかけらが
 嘘のない
 わたしそのものだから
 かたちではなく
 叙情的だけれど
 冷たい
 心の奥底で行き交うムードを
 大切にしている


                                                                       

 










 


鷹見明彦(美術評論家)+MUSEE F企画
    
災厄の星
  
−Unstern!/Sinistre−
白井美穂 奥村綱雄 中川隆
 


2010.3.30-4.10
 

 「災厄の星」−Unstern!/Sinistre−このタイトルは、フランツ・リストの曲名から。ドイツ語とフランス語が並んだ原題は、 ともに不運の意。超絶技巧の曲と卓抜したヴィルテオーゾの栄光に包まれた前半生から転じて、実人生の不幸の影を負った晩年のリストは、 不安と悲愁をたたえた実験作を人知れず創りつづけた。「灰色の雲」やワーグナーの死を予感した「悲しみのゴンドラ」もそうだが、 生前には知られることがなかったそれらの作品は、現代音楽に半世紀ほども先だって、すでに調性の束縛を解き虚空へと旅立っている。 同時代の理解を越えた秘曲は、後の歴史に影響を与え、百年後の名ピアニストたちが好んでアンコールに奏でるレパートリーになっている。        鷹見明彦(美術評論家)



                                                                       

 













 

陶芸教室イエロークレイ
    2010年作品展
 



2010.3.22-27
 

恵比寿にある陶芸教室の制作発表展。年間の制作テーマを決めてさまざまな視点からアプローチして制作される。 今年は、「ヒト」という統一テーマのもとで制作を進めたという。「ヒト」という言葉のなかには、「ヒト」がつくるもの、という意味もあり、それぞれのアプローチが表現されるという。幅広い作品は、陶芸を楽しむ多くの人の表情のようにみえ、幅広い年齢層も反映させて楽しいお教室の雰囲気が感じられる。 






 










 

神山成美
 
『TOO EAT』


2010.3.15-20
 

私はきっと女性を愛しています。それは恋愛対象になるといったものではなく、 ただ美しいと思い、そして愛おしく感じます。 その感覚をもとに女性を撮っています。 女性のエロティックな写真はこの上ない程の価値があり、それにより発生した妄想でのときめきはとても素晴らしいものだと思っています。 性行為そのものまでいかない、セクシャルな感覚は何とももどかしく、しかしそのもどかしさがかえって大きな興奮を呼ぶと私は信じています。 それと同時に女性のエロティックな写真は切なささえも感じさせるような気がしてなりません。 もし私がそういったいくつかの感覚を生み出せるような写真を撮れるのであれば、それを提供していき、なるべく多くの方にもどかしくて切なくて最高にセクシャルな感覚を感じて頂きたいでのす。










 

川村洋太
 
『永遠と一日』


2010.3.8-13
 

ここ数年の撮りためてきた中から。時間・場所に制限はなく、ただとてもその時の自分の生活に近い場所である。特定の事物というよりは日常の中のきれいだなとか面白いなと目を奪われたものを撮る。 特に植物にはいつも驚かされ目を向けさせられる。 誰も使わなくなった物をも覆い尽くす様に茂りその生命力を見せつけ、またひとつの葉が日に透かされるのは何よりもきれいだと思う。 今回のテーマ『永遠と一日』では人工物と植物が共存していて、その場所においてそれをそれぞれの時間の流れの違い・重みを含めて成り立っているようなものを組み合わせている。その中には軽い時間のイメージとして日常のなにげない写真も組み込んだ。 瞬間が継続して一日が生まれて、一日の積み重ねが永遠になるのだとしたら、僕の見たこの一瞬は永遠と同じなのだと思う。そこにある物や植物はほんの一時を共有しているがその時間軸はほんの一瞬で、もう二度と無い場面ということも同様に言え、そしてそれは僕に永遠を感じさせる。 いろいろと矛盾もあるけれど時間のテンポを伝えられればと考えている。





 











 

衛藤文俊
POLE SEVEN


2010.3.1-6
 

油彩画からビデオインスタレーション、テキスト作品など、広範囲な制作からはじまり、近年は塗装用ラッカースプレーを使った平面作品を展開している。 油性シリコンラッカースプレーの持つ特徴をいかし、均一性、ぼかし、グラデーションなどの技法を駆使することで、単色構成でありながらフラットな画面 に独特の深みを持たせた作品となっている。題材は建造物が中心であるが、特に住宅街に点在する電柱をモチーフに作家のアイデンティティともなっている 幼年期の原風景・湘南を表現していくという。



http://members3.jcom.home.ne.jp/death--and--rebirth/




 












 

浅野井春奈・金 史永



2010.2.22-27
 

私のテーマは光である。私の中で永遠に作られ、潜み、放出される、まるで光のよ うなもの。それが私を満たし、操作し、破壊し、構築していく。世界は光が響き合い連鎖する ことで大きな形を成している。その光をひとつひとつ形にすることで、私は世界と自分の存在を知り、また新しい 光を放っていく。(金史永)
虫、人から星まで生命を持つものはすべて、熱を発し続けている。私は、彫刻に生命 を吹き込む為に『体温』に着目しながら作品を作っている。  人々は『体温』によって、熱、蒸気、臭いを周囲に発散している。そこで今回の展 示では、彫刻の『体温』は周囲に何を発散しているのか、感じ取ってもらいたい。 (浅野井春奈)  
両作者によって構成された一つの空間から、見ていただく方々に伝えられるものが ある事を望みます。

東京芸術大学美術学部彫刻科在籍。

 














 

下村千成
floating sight #2


2010.2.15-20
 

点をみる
線をみる
面をみる
空間をみる

私達が見ている視覚世界はドット(点)であり、線であり、空間であり、自分自身である。 視覚世界は完全なる客体化された普遍的世界ではなく、個人の主観(心理)と経験、環境(世界)との重層的な相対関係によって再構築された世界である。 それは主観的世界、自分自身の投影と言えるのではないか。 世界はそのような個の集合で構成され、1つの大きな世界を生みだしている。 万物はアトム(点)の集合であり、点の相対関係によって構成される。 全ては点から生まれ、線となり、面となり、空間となり、 そして私達は社会(世界)の一部となる…  

東京芸術大学美術学部日本画専攻卒業。
現在同大学美術研究科先端芸術表現科在籍。