dec,2003
 




”Japan is not only sushi”、
セーヌの船のペインティングライブ
 













11日、日本の元気な彼らが、セーヌ川に浮かぶ「バトーファー」というおしゃれなクラブで、ペインティングライブをやっていた。
フランス人のアソシエーション ”Atom27” の企画によるイベントで、ペインティングパフォーマンス、DJ、VJ、ファッションシヨー、日本食まで揃っており、寒さも忘れてのやや早めの忘年パーティ。
船底のバーの中で、もくもくと絵を描いていた梶川能一氏。ライブ中なので、ペインティングには乾燥の早いアクリル絵の具を使用。そして、”和”を強調するために、今回は”墨”にも兆戦!
日本人、フランス人とも、和気あいあいと盛りあがり、アートの真髄 ”コミュニケーション”によって、彼らは彼らのスタイルで、今の日本をダイナミックに語っている。
”Japan is not only sushi!”

セーヌ川ナイトクルーズの後に「バトーファー」で軽く一杯なんて、今のフランスが見えるかも。
「BATOFAR/バトーファー」セーヌ河岸の船
11, quai francois mauriac paris 13区 

ところで、この梶川氏、昨年ワーキングホリデーでフランスに来たのがきっかけ。1年間の期間終了後は、アトリエ・コントルポワンで版画活動を開始して、めでたく長期滞在を決めた、なかなかのツワモノである。
4年前から神戸アートビレッジセンターKAVCギャラリー、大阪南港WTC市民ギャラリー等で個展、グループ展を開催。また、BARの壁画等もこなし、ラジオ“キッスFM”で紹介された”イマ”の人。
フランスでパワーアップしたエネルギーは、南仏ニームの地方紙から芸術活動の取材を受けたり、ユースホステルで絵画を依頼され贈呈したり、パリではフィガロ誌主催のEXPOへ出展したり、来年1月5日からは、パリでグループ展を開催予定と大忙し。今後の活躍が楽しみだ。

”OU [EST] / ウ[エ]”
フランス語の東、西。そして「どこ?」という言葉をかけたタイトル。どこにいるとき、どちらが東で西なのか。
「Espace CINKO」にて、1月5日(月)〜1月31日(土)
16/18passage Chiseul
40,rue des Petits Champs paris 2区    
出展者:
Pol GUEZENNEC /Junko SUGANO /Miwa SAKAI /
Nao TAKAHASHI / Yoshikazu KAJIKAWA / Aki GUARINO
 

●amiart


過去の"Paris News"は こちらからどうぞ